リハビリメニュー①

ポリシー

Copyright: bomber76.jp.all right rerserved

<用意するもの>
・ブロック(1辺3cmの立方体、100均)…ダイソーの工作材料っていうカテゴリーにある模様。大きめの店舗だと、ある模様です。「黄色いネットに入った木製のブロックみたいなヤツ」で通じるかも。
 6つで100円。大きめのダイソーだったら置いていることがあります。

一番左のバージョンは病院のものです。家のものは病院のものより表面が粗く、病院よりも若干易しい。
写真はサイコロになってますが、当初はただ積むのも苦労してました。レベルがあがると飽きるので、
サイコロにして数字を揃えるようにしています。左の写真は、21個積んでます。ホームページ掲載用です!

このメニューは、
ボトックスの効果が弱くなってくると難しくなるので、バロメーターともなってます。
効果が薄れてくると、手がうまく開かなくなるんです。

私はバロメーターでもあるため、固定メニューで毎日やります。ぜひやっていただきたいメニューです。

ダイソーの回し者ではありませんが、非常にありがたいお店ですね。ヘタすると長居してしまいます。
病院にお願いして、病院と同じものを購入するといったような考えは、
ポリシーに反します。


リハビリメニュー②へ>

成果へ>

ブログ

ウェブ アニメーター

病院のブロック

私が実際にやっているやっているリハビリメニューを紹介します。オリジナルのものが多いので、皆さんにとって必ずしも有効かどうかはわかりませんが、参考になれば幸いです。なおブログ(アメブロ)と重複するメニューが多々ありますが、こちらではできるだけ具体的にご説明します。
数が多いので、いくつかに分けて紹介します。また、リハビリをすることでできるようになった成果についてもご紹介します。

BOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOX

BOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOX

BOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOXBOTOX

③ブロック積み(大)

<用意するもの>
・両手が入る部分、のぞき窓を切り取ったダンボール
・鏡(A4くらいの大きさ、100均で購入)

通常、病院では既製品を使っていると思いますが、一般では購入できないので手作りです。
お歳暮でもらった洗剤の箱に100均で買った鏡を入れて。占めて総額100円!
健側の動きを鏡で見ながら、麻痺側の手をウニウニと動かしてみます。細いところがのぞき窓。主治医曰く、麻痺側が見えていると意味がないそうです。
手を全部開く動作、、それぞれの指を動かす動作、などいろいろとやってみます。

このメニューのおかげで、中指、薬指、小指がだいぶ開くようになりました。
「動いてるイメージ」が大事です。目をつむってしても効果ありそう。
ウニウニの回数を決めてやりますが、おおよそ10分程度のメニューです。

①原則、ツールは100円均一。仕事の昼休みに時間があれば100円均一へ行って、なにか使えるものはないか…とフラフラしてます。本来の用途は無視して良し‼
②私の1日のリハビリは1時間前後。その代わり、できるだけ毎日やること。仕事が休みの日は、できれば2時間やります。生活のリズムを作ることが大切
 私の場合は、会社から帰宅後、お風呂→食事→リハビリ→自由時間→就寝となります。仕事が忙しい時はできない日もありますが、月2~3日です。
③難しいメニューでも、できるようになるまで続ける。でも、できないことばかりだとやる気がなくなるので、いろんなメニューを織り交ぜます。
④簡単すぎるようになってしまったメニューはやめます。いくつかのメニューを組み合わせ、1時間のメニュー構成を考えます。
⑤一番のリハビリは、日常生活で使うこと。
⑥難しいメニュでも、達成できれば嬉しいものです。
リハビリを楽しむことが、継続の秘訣です。



<用意するもの>
・ブロック(タテ3×横9×奥行3cm、100均)ブロック小と同じく、ダイソーの工作材料シリーズ。大きめのものがほしかったので、長方形のものをボンドでくっつけて作成しました。

ただ、ここまで指が開くようになるのはレベルが高く、最初は右手で持たせていました。
今では積んで降ろすまで、一連の工程が1つのメニューとなっています。

これも上記の小ブロックと同じく、大きめのダイソーだったら置いていることがあります。

①ミラー療法

ブロック大
積んだ状態

HOME病歴・症状 メニュー・成果経過記録掲示板 リンク

ブロック大
つかみ方

②ブロック積み(小)

上からの写真

ななめ上からの写真

<用意するもの>
・ペン立て2つ(100均)
・ボールペン約10本(100均で、100円でいっぱい入ってるのがある)



リハビリ開始当初から、ずっとやり続けているメニューです.。
ペンをペン立てからペン立てへ移動します。左の2タイプのつかみ片のどちらかですが、私としてはAの方が難しいと思います。時間かかるし。

2回移して、元の状態に戻れば終わり。
そんなに時間ないし、簡単メニューの一つとして毎日やるメニューです.
こういう固定メニューがあると、プログラムが組みやすいんです。


最初の状態

A.一本つかみ

④ペンつかみ

家のブロック
積む前

家のブロック
積んだ状態



B.がっつりつかみ

inserted by FC2 system