ボトックス療法との出会い

ボトックス療法

injection

HANDS療法のことを知ってから現在の通院先に電話して診察に行ったところ、現在の主治医に出会いました。

「HANDS療法をうけたい」ということを伝えましたが、「当院で行う治療法はHANDS療法とは違い、ボトックスという薬を使います。来月承認予定なので保険がきくようになりますが、国内での症例がない状況です。必ずよくなるとは言えませんが、やってみますか?治療を始めるには、習慣の入院が必要になります。」ということを言われました。


もちろんお願いしたかったのですが、既に復食しており有給休暇が残っていなかったため、「会社に相談しています。」ということでその日は帰りました。

その後、上司と人事部長に相談し、2週間の休みをもらえることとなったので入院して治療を始めることとなりました。結局入院したのは、2010年の11月下旬となりました。入院後、すぐにボトックス注射!なお、私はこの病院での患者第1号でもあります。

1回目の注射は、先生も私も大変でした。自慢じゃありませんがおデブ体系のため、表面筋電図で注射を討つべき位置が特定できない。やむを得ず、針筋電図という飛び道具が登場してきました。

この器械れは筋電を拾うために針を刺すのですが、1度の測定に2回針を刺してから場所を確認するという鬼のような処置でございます。数回刺されました…

後に先生から聞いた話では、ご自分でもやってみられたらしく、「あんな痛い処置は患者さんにはできない。」と言われていたそうです。私、やられたんですけど…

 

 

2019年08月16日

ボトックス療法(治療開始まで)

injection

HANDS療法のことを知ってから現在の通院先に電話して診察に行ったところ、現在の主治医に出会いました。

「HANDS療法をうけたい」ということを伝えましたが、「当院で行う治療法はHANDS療法とは違い、ボトックスという薬を使います。来月承認予定なので保険がきくようになりますが、国内での症例がない状況です。必ずよくなるとは言えませんが、やってみますか?治療を始めるには、習慣の入院が必要になります。」ということを言われました。


もちろんお願いしたかったのですが、既に復食しており有給休暇が残っていなかったため、「会社に相談しています。」ということでその日は帰りました。

その後、上司と人事部長に相談し、2週間の休みをもらえることとなったので入院して治療を始めることとなりました。結局入院したのは、2010年の11月下旬となりました。入院後、すぐにボトックス注射!なお、私はこの病院での患者第1号でもあります。

1回目の注射は、先生も私も大変でした。自慢じゃありませんがおデブ体系のため、表面筋電図で注射を討つべき位置が特定できない。やむを得ず、針筋電図という飛び道具が登場してきました。

この器械れは筋電を拾うために針を刺すのですが、1度の測定に2回針を刺してから場所を確認するという鬼のような処置でございます。数回刺されました…

後に先生から聞いた話では、ご自分でもやってみられたらしく、「あんな痛い処置は患者さんにはできない。」と言われていたそうです。私、やられたんですけど…

 

 

2019年08月16日

ボトックス療法

IVIS_all1

HANDS療法のことを知ってから現在の通院先に電話して診察に行ったところ、現在の主治医に出会いました。「HANDS療法をうけたい」ということを伝えましたが、

「当院で行う治療法はHANDS療法とは違い、ボトックスという薬を使います。来月承認予定なので保険がきくようになりますが、国内での症例がない状況です。必ずよくなるとは言えませんが、やってみますか?治療を始めるには、習慣の入院が必要になります。」ということを言われました。

このホームページを作る時に便宜上「ボトックス療法」という言葉を使っていますが、あまり使いたくない言葉です。正しくは「ボトックスを使った痙縮に対するリハビリ療法」でしょうか。

今回、ホームページを作るにあたり慶応大学のホームページを久々に見たんですが、HANDS療法と並べてIVES療法という記載がありました。こちらも同様に簡便化して「IVES療法」と記載されているんでしょう。失礼ながら、本来は互いに商品名を名称に入れるべきではないですよね。

今後、ボトックスよりも優れた薬が開発されるかもしれないし、IVESよりも優れた器械が開発されるかもしれません。

「ウォシュレット」はTOTOの商標で、他のメーカーは「シャワー付きトイレ便座」です。

医療者の方々には当たり前のことだと思いますが、このホームページは患者やその家族がメインのホームページですので、失礼ながら補足しておきます。

 

 

2019年08月16日

HANDS療法

image1

 

慶応大学で取り組まれているリハビリ療法ですが、これがボトックス療法に出会った最初のきっかけです。

コンサルタントの研修に出席した臍、たまたま慶応大学でこのリハビリ療法に取り組んでいることを知りました。

さっそくIVESを制作しているOG技研に電話したところ、(私の会社は取引先なので…)当時は福岡県での納入先が2件だけとのことですので、さっそく病院に電話したんです。

感謝、感謝のHANDS療法。(写真出典:慶応大学ホームページより)

 

2019年08月15日

TMS((repetitive Transcranial Magnetic Stimulation)

TMS1

経頭蓋磁気治療刺激法という治療法で、最近は「うつ病」にも使用されている治療法です。私が通院している病院でもやられていますが、てんかんの既往と頭の中に金属が入っているということで私は適応外でした。

 

2019年08月15日

川平法

hand

鹿児島大学医学部の川平教授が考えられた手法です。入院していた病院で取り組んでおり、入院した病院で積極的に取り組んでおり、鹿児島大学のOTが指導に来たこともありましたが、残念ながら私にはあまり改善が見られませんでした。(写真出典:川平法の図書より。)

 

2019年08月14日

CI療法( constraint-induced movement therapy)

illustrain04-hospice02

従来、有効なリハビリ手法として様々な医療機関で取り入れられ、麻痺側の機能向上のために、健側の動きを制限して強制的に使用させ、場合によっては「利き手交換」ということも行うそうです。私の場合、入院していた病院では行われなかったので、取り組んだことがありません。今の主治医は、「古い方法」と言われています。(イラストは骨折した人ですが、手を拘束しているという事にします。)

2019年08月13日